NetCommons開発TIPS

NetCommons2 loggerでデバッグログをファイル出力する

こんにちは。

オープンソース・ワークショップの牟田口です。

 

NetCommons2 にはloggerの仕組みがありますが、初期状態は画面出力のため、ファイル出力されず、インストール時の確認やデバッグ時には不便な場合があります。

そこでloggerの出力をファイル出力に変更する方法を記載します。

 

1. html\webapp\config\global-config.ini を変更

;;DEFAULT_LOGGER = viewDisplayManage
DEFAULT_LOGGER = simpleFile

2. html\webapp\config\define.inc.php の末尾に追記

define('LOG_LEVEL', LEVEL_ERROR);

 

すると、下記ディレクトリにログが出力されます。

html\webapp\logs\maple.log

[2019/06/02 02:23:57] [error] 存在しないコンポーネントが指定されました : dicon://Session - DIContainerInitializer#doValueBeforeParse
[2019/06/02 02:24:53] [error] 存在しないコンポーネントが指定されました : dicon://Session - DIContainerInitializer#doValueBeforeParse
[2019/06/02 02:24:55] [error] 存在しないコンポーネントが指定されました : dicon://Session - DIContainerInitializer#doValueBeforeParse

 

参考になれば幸いです。

 

参考リンク

http://allcreator.net/jo0c73c3b-294/?block_id=294&active_action=journal_view_main_detail&post_id=154&comment_flag=1

https://nc2.netcommons.org/bbjx36jrx-6666/#_6666

 

NetCommons2 ページスタイル 指定できるテーマの違いについて

オープンソース・ワークショップのプログラマの牧野です。

 

NetCommons2のページスタイルのテーマについて、備忘録として記載しておきます。

 

NetCommons2では、全体、ページ、ブロック毎にページスタイルを設定できますが、

その時に指定できるテーマについて、差があります。

 

テーマ種類 全体 ページ ブロック
クラシック
サイドライン
アンダーライン
シンプル
タイトルアクセント × ×
パネル
パネル+ライン
点線
アート ×
テクスチャ ×
アクセシビリティ対応 ×

 

例えば、「タイトルアクセント」は、サイト全体もしくはページ全体に指定ができませんので、ブロックごとに指定する必要があります。

「アート」は、サイト全体もしくはページ全体で指定できますが、ブロックごとに指定する事ができません。

 

ページスタイルのテーマを指定する時は、上記の事をお気を付けください。

NetCommons2 新着情報のバグ

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

NetCommons2 新着情報のバグを見つけたので、とりあえずここにメモ。

発現する条件は以下

  • 新着情報を配置している。
  • 新着情報に日誌を表示している。(他のモジュールでも起こり得そう)
  • 日誌をブロック移動した。

この時、移動した日誌ブロックの記事をクリックすると、

"入力値が不正です。不正にアクセスされた可能性があります。"

とエラーになって、表示できないことがあります。

これは、NetCommons2 の新着情報モジュールのバグです。

  1. ログインしていること。
  2. ブロック移動前に新着から該当記事にリンクすること。
  3. この時点で、そのユーザが該当記事を見たという履歴ができる。
  4. 履歴データはroom_id を持っていない。
  5. ブロックを移動する。
  6. 再び新着をクリック。
  7. 履歴があるかどうかを判定する際、room_id も含めて確認するので、履歴なしと判定。
  8. 履歴をINSERTしようとするが、データベースのキーはroom_id がないので、重複エラーになる。

ということで、以下のように修正。

webapp/modules/whatsnew/components/Action.class.php

	function setRead() 
	{
    	$_user_id = $this->_session->getParameter("_user_id");
		if (empty($_user_id)) {
			return true;
		}
		$whatsnew = $this->_request->getParameter("whatsnew");
		if (empty($whatsnew)) {
			return false;
		}

		// 新着の既読確認に romm_id が含まれていたので、削除。by nagahara@opensource-workshop.jp
		// リンク先のブロックをルーム移動した際、エラーになる。
		// エラーは、ここで romm_id を含んで既読確認しているのに、既読データのINSERT は romm_id なしで行おうとするため。
		$params = array(
			"whatsnew_id"=>$whatsnew["whatsnew_id"], 
			"user_id" => $_user_id
		);
/*
		$params = array(
			"whatsnew_id"=>$whatsnew["whatsnew_id"], 
			"user_id" => $_user_id,
			'room_id' => $whatsnew['room_id']
		);
*/

 

Win7 + IE11の動画ダウンロードについて

こんにちは。
オープンソース・ワークショップの永原です。

Win7 + IE11の動画ダウンロードについて、はまった件があったのでメモです。

対象は当社のシンプル動画モジュール。
ログインする(HTTPS)とダメで、ログアウトしている(HTTP)と再生できるという現象でした。
以下、備忘録として。

原因はIE のSSL 時に Content-disposition: inline にした際、IE がファイル名を認識せず、動画再生で拡張子とファイル形式の不一致エラーがあったこと。
ログイン時にアウトなのは、ログインすると、SSL になるから。
Content-disposition: attachment なら、イケた。しかし、ダウンロードの選択画面が出る。

Content-disposition: inline で動かすためには、動画のデータはHTTP で流す必要がある。
そのため、以下をカスタマイズ。

simplemovie_view_main_init.html で動画のリンクは、http にする。
define.inc.php で、ログイン時の強制HTTPS を動画再生時には無効にする。
movie/View.class.php で、Content-disposition のinline指定
Simplemovie_View_Main_Iframe で動画のリンクは、http にする。

以上

NetCommons2のPHPMailerを最新版に差し替える

こんにちは、牟田口です。

最新版(2016/12/28時点) PHPMailer 5.2.19(70d041b6f5ed4e2ed8e2330b8c5b0f6926fc9781).zip に差し替えてメール飛びました。
すべての動作確認をしたわけではないので、参考程度の情報です。

PHPMailer最新版に差し替える

  • PHPMailerの最新版をGithubからzipをダウンロードする
  • ダウンロードしたzipを解凍して以下を変更する
  • class.phpmailer.phpに1行追加
    • require_once("PHPMailerAutoload.php");

確認動作

  • 掲示板に投稿してメールが飛びました
  • システム管理画面から、会員登録後にメールが飛びました

確認環境

  • NC2.4.2.1
  • XAMPP
  • PHP 5.6.12 (VC11 X86 32bit thread safe)
  • PHPMailer 5.2.19(70d041b6f5ed4e2ed8e2330b8c5b0f6926fc9781)

NC2.4.2.1の状態

参考

https://github.com/netcommons/NetCommons2/issues/134

以上です。