ニュースリリース

ニュース

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」に賛同企業として登録

未来の学びコンソーシアム様が運営するホームページに弊社が登録されました。

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

 

上記HPでは、全国先進のプログラミング教育やIoTを活かした教育現場の事例が掲載されております。

「教育現場にどのようにプログラミングやIoTを取り入れたらいいのかわからない」といった場合には、ご参考頂けるのではないかと思います。

実施事例

 

最後に、弊社では2020年のプログラミング授業の必修化を見据えて、ドローン×プログラミング(Scratch、PHP等)といった教材を取り揃えております。

詳しくは下記ページをご覧ください。

ScratchとPHPによるドローン・プログラミング授業

掲載内容は一例なので、各学校様のご要望に応じてカスタマイズが可能です。

学校様、教育委員会様との豊富な実績で培ってきた感覚で柔軟にご相談に応じることが可能です。 

0

ScratchとPHPによるプログラミング授業(ドローン使用)サービスを開始いたします。

皆様

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

最近、プログラミング授業のご相談が増えてきました。
そこで、ちゃんとメニュー化していこうということで、第一弾のメニューを掲載いたしました。

出張授業 15万円/1回
教員への研修 20万円/1回
などが現在のメニューです。

詳しくは以下のページをご覧ください。
https://opensource-workshop.jp/setting/drone-programing-lesson

出張授業や教員向けの研修など、学校現場のご要望に合わせて、サービスを作っていきたいと考えております。
ご要望なども遠慮なく聞かせていただければと思っております。

以上、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

0

熊本県教育委員会様 県内約450のホームページをNetCommons3へ移行

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

熊本県の学校ホームページをNetCommons3に移行させていただきました。

小学校 227校、中学校 106校、義務教育学校 2校、高等学校 57校、特別支援学校 19校、その他 58サイト
合計で469サイト

主なポイントとして、以下のものがありました

  • 移行期間は約6ヶ月
  • 移行時にも、ホームページの閲覧が止まることのないスムーズな移行
  • 移行時の記事の更新停止は周知しきれない部分があることを前提に計画し、更新停止期間に記載された記事も基本的に移行できるように計画。
  • デザインに多様性を持たせたいことから、選択できるオリジナル・デザインを追加しました。

今後、当社としては、サーバー運営と利用学校様のサポートを通じて、学校ホームページの役割とその理想形を運用、機能、性能の各方面から提案し続けていきたいと考えております。

以下、当社の事例紹介ページです。
https://opensource-workshop.jp/setting/works/higo

具体的な内容などでお問い合わせがある場合は、当社のお問合せまでお願いいたします。
https://opensource-workshop.jp/contact

0

当社メンバーの出社判断について

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

2月に入って、当社メンバーも家族がインフルエンザ等にかかったりして、当社メンバーも出社判断が必要なケースが複数ありました。

当社では昨年、子供がインフルエンザなどにかかった場合の、親の出社判断基準を作っていたので、今年もそのルールで運用しています。
せっかくなので、公開しておこうと思います。
私も、いくつかの公開資料を参考にさせていただいて作成したものですので、会社での使用方法といすことで、誰かのお役に立てればと思います。

自宅作業にすべき目安.pdf

画像でも上げておきます。

0

2019年1月26日(土)OSC大阪でドローン模擬授業を公開します。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

2019年1月26日(土)OSC大阪でドローン模擬授業を公開します。


場所:大阪産業創造館(地下鉄 堺筋本町駅 徒歩5分)
時間:14:00 ~ 14:45
セミナールーム:5F 研修室A+B

ご興味のある方はどうぞ!


0

山形県鶴岡市の鶴岡工業高校でドローン・プログラミング

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

2018年12月19日、山形県鶴岡市の鶴岡工業高校でドローン・プログラミングの講師をしてきました。

鶴工生 ドローンプログラミングに挑戦
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2018%3A12%3A21&fbclid=IwAR0mT5I2LMLL3vAyDE4OnJPdk1-9JpOiVIaQ7o6tM9LQC_gCVoOAG_Wn6So#News8910

Scratch とPHP を使ってプログラミングを作成し、ドローンを制御。
皆、課題を考えながらクリアしてくれました。(^^)

0

事務作業要員の募集

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

事務作業とソフトウェア(NetCommons)の問合せ電話の応対として、一人、募集したいと思います。
採用ページにも書いてみましたので、興味のある方はお問い合わせいただければと思います。
https://opensource-workshop.jp/reqruit

以上

0

2018年11月19日(月)19:30から。「OSS夜に勉強会:そろそろ ansible 使ってサーバ設定」

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

社内向けの勉強会ですが、外部の人がきても良いよね。面白いよね。ということで、情報共有。
興味がある人がいらっしゃれば、参加を歓迎いたします。

--- 勉強会詳細 ---

タイトル:そろそろ ansible 使ってサーバ設定
講師:長尾正
日付:2018年11月19日(月)
時間:19:30~21:00 (30分くらい、長尾氏の講義。その後は質疑応答&調査もくもく会)
場所:株式会社オープンソース・ワークショップ 京橋事務所
   https://opensource-workshop.jp/company
定員:10名
Wifi:使用可
PC:必要なら持参してください。
申込方法:当ホームページのお問い合わせより連絡ください。

0

山形県工業技術センター様を訪問いたしました。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

OSSコンソーシアムでやっている事業の報告です。
2018年10月26日(金)無料講師派遣で山形県工業技術センター様を訪問してきました。

講習タイトルは「オープンソースCMS入門 ~ 生産性向上のためグループウェア活用 ~」です。
10:00 から17:00 まで、6時間かけて、NetCommons3 の使い方を学ぶ会でした。
参加者は9名。
会社のホームページからスケジュール共有、組織内の確認テストの方法など、盛りだくさんの内容ではありましたが、ご参加いただいた方はみな、サンプルのサイトを作成することができました。

以下に講習で使用した資料を貼り付けておきます。
2018-10-26.山形県工業技術センター.pdf

講習などの企画相談があればお問い合わせください。

0

さくらのレンタルサーバーへのNetCommons3.2.0インストール説明書

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

要望が多かったので、作成しました。
「さくらのレンタルサーバーへのNetCommons3.2.0インストール説明書」

以下のページからダウンロードできます。
https://opensource-workshop.jp/download

以上

0

EDIX関西2018で自治体単位での学校ホームページの紹介ブース番号は「1-68」です。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

EDIX関西2018で自治体単位での学校ホームページの紹介ブース番号は「1-68」です。
株式会社オープンソース・ワークショップが学校ホームページで実績の多いNetCommonsを使った事例の紹介とご提案をさせていただきます。


0

NetCommonsユーザカンファレンス2018 報告

皆様

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

2018年8月21日(火)に国立情報学研究所が主催した、NetCommonsユーザーカンファレンス2018にて、企画、事務局、自社のブース出展で参加させていただきました。
また、NetCommons3 公式本の著者としても参加させていただきました。

私がバタバタとスタッフ活動をしていたせいで、ご挨拶できなかった皆様には申し訳ございませんでした。

2018年のNetCommonsユーザーカンファレンスは「なぜNetCommons3なのか?」をテーマとして、多くの事例から、その答えが見えてきたのではないかと思っています。

--------------------------------------------------
- 基調講演から見えたもの
--------------------------------------------------

基調講演は、国立情報学研究所 社会共有知研究センター長 新井 紀子 教授が「なぜNetCommons3 なのか?」というタイトルでお話しいただきました。

ここでは、2018年のいま、多くの人々がインターネットにつながっていることをニュース記事をもって、改めて認識しました。
そして、インターネットというインフラがどのように使われているのか、どのように使えば良いのかが、示されました。

セキュリティを確保し、公的機関からの情報として、災害時に頼れる存在になる。
それができるのは、NetCommons3 である。

新井教授の基調講演は2018年に発生している、インターネットを取り巻くセキュリティ問題への指摘と、問題を解決してインターネットの力を有効活用するための具体的な提言が詰まった、とてもインパクトのあるものでした。

そして、この後の発表は、新井教授の提言が実現されつつあることを証明するような発表が続きました

--------------------------------------------------
- 安全で手間のからないWeb
--------------------------------------------------

PHP技術者認定機構 理事長 吉政 忠志 様からは、「安全で手間のからないWebとは」というタイトルでご講演いただきました。

ここでもセキュリティ問題の指摘がありました。
Webサイトの改ざんに関する数字やWebサイト調査ツールの例など、セキュリティに関する具体的な例を見せていただくと、実感として怖いと思えます。
解決策としては、クラウドでの保守サービスを使用して、サーバのメンテナンスを続けるという方法が提示されました。

--------------------------------------------------
- 災害時にNetCommonsを活用していただいた事例
--------------------------------------------------

福島県教育センター 研究・研修部 情報教育チーム 主任実習講師 目黒 朋子 先生には、「福島県におけるNetCommons活用の歴史と有効性」というタイトルでご講演いただきました。
福島県では、東日本大震災の際。NetCommons(当時はNetCommons2)を有効に活用していただきました。
電話がまともにつながらない状況の中、教職員の情報共有、緊急連絡網、臨時のサテライト校、避難所への情報発信と情報収集、オンライン研修などを実施。
問題点に対して役立ったことはもちろんのこと、非常にも、他者とつながりを持ち、ともに活動できる場を作り出せたことで、関係者に安心感を与えることができたという発表は、とても印象に残りました。

新たに見えてきた問題点として、自治体で情報共有する場合、自治体間での情報共有はどうすればよいのか、距離は近いのに、隣の市の学校とどのように情報共有すればよいのか。ということが提起されました。
また、情報の「真」と偽がわからない時代、正しい情報が、安定して、保護者・児童生徒 地域の方々に発信され続けることが、これからの学校Webサイトの役割であるということが示されました。

--------------------------------------------------
- 福島県におけるNetCommons3のいま
--------------------------------------------------

福島県教育庁教育総務課 管理主事 渡辺 義和 先生には、「福島県におけるNetCommons3のいま」というタイトルでご講演いただきました。
福島県では、600を超える学校でNetCommons3をお使いいただいています。
その導入数の推移やサーバをクラウドへ移し、サポートも外部委託したことによる効果などを説明していただきました。
また、学校からの情報発信はその頻度が増えているため、データ量の増加などの問題も指摘されました

--------------------------------------------------
- 学校・家庭・地域をつなぐ
--------------------------------------------------

福島県いわき市立高久小学校 関 忠昭 校長からは、「CMSによるホームページ運営」というタイトルでご講演いただきました。
学校を取り巻く課題解決のためにホームページは必要か?というドキッとする内容でした。
ご講演内容では、「学校・家庭・地域をつなぐ」「教師間の「学び合い」を促進」など、情報共有が役立つことを説明していただきました。
また、スマホ依存と言われる現状の中、ならばスマホを活用して、という発想から、学校への理解・信頼へつなげるなど、とても参考になるお話を聞かせていただきました。

--------------------------------------------------
- 小学校の保護者からの感想
--------------------------------------------------

福島県いわき市立大野第二小学校 千葉 英一 校長からは、「福島県におけるNetCommons3のいま(大野第二小学校)」というタイトルでご講演いただきました。
保護者からの感想という形で、生の声を聞かせていただきました。
動画の効果や保護者側の知りたい気持ちを実現してくださっている校長先生に感心させられました。
いただいたご意見からは、NetCommons3 をどのように良くしていくべきかのヒントが、たくさんあると感じました。

--------------------------------------------------
- タブレットでサイト管理
--------------------------------------------------

埼玉県養護教諭会ホームページ作成委員会様からは、担当副会長 樫村 亜也 先生、委員長 岡田 将子 先生、委員 楯 亜澄 先生、菊地 円 先生の4名に「埼玉県養護教諭会HP作成委員会の取組~時間と心のゆとりの産生~」として、ご講演いただきました。
なんと、タブレットでサイト管理をしているという発表でした。
それも、女性の先生方のみで、複数人で協力してサイトを管理されている。
発表では、保健室に様々な問題があることもわかり、それらは情報共有をうまく行うことで、解決できることもわかってきました。

--------------------------------------------------
- 今回のNetCommonsユーザーカンファレンス2018 を振り返って
--------------------------------------------------

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

とても濃い内容の発表を聞かせていただいたNetCommonsユーザーカンファレンスでした。
各発表資料は、NetCommons公式サイトで公開させていただいています。
https://www.netcommons.org/userconference/program

基調講演の新井先生がおっしゃった、「災害時に頼れる存在になる。」これは、NetCommons3 の導入を仕事とする私にも、とてもしっくりとくる言葉でした。
株式会社オープンソース・ワークショップでは、福島県様や埼玉県養護教諭会様のNetCommons3 をSaaS(クラウドのサービス)として提供させていただいています。
当社は、学校のホームページ・サービスを専門にする会社として、多くの学校様のホームページを管理させていただく中で、「防災、減災」というキーワードでNetCommons3 を活用できるケースを多く見てきました。
これから、学校のホームページ・サービスを通して、「防災、減災」をどのように実現できるか、資料をまとめていきたいと思います。

--------------------------------------------------
- おまけ
--------------------------------------------------

『NetCommons3 - クラウド活用で安全・簡単に本格ウェブサイト』の直販ブース。
多くの皆様にお買い上げいただき、ありがとうございました

カービング雅さん、いつも素晴らしいカービングで懇親会会場を明るくしてくれてありがとうございます!
https://twitter.com/kbystkk

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

0

2018-09-01 (土) - NetCommons3 でのサイト構築講座を開催します。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

NetCommons3本も出ることですし、NetCommons3 でのサイト構築講座をやってみます。
講座概要は以下

■開催日:2018年 9月 1日(土)10:00~12:00(開場 9:30~)
    ※ すみません、時間を10:30と書いていました。10:30にお越しになられても、何とかします。

■会 場:株式会社オープンソース・ワークショップ 京橋事務所
     東京都中央区京橋2丁目8番4号 オックスフォードビル2F
     https://opensource-workshop.jp/company

■定 員:7名
    (お申し込み多数の場合は先着順とさせて頂きます。)

■参加費:無料
     ※ ただし、NetCommons3 公式マニュアル(税別 2,700円(税込み 2,916円))が必要です。
       当日、購入も可能です。

■持ち物:無線LAN につながるパソコンを持参してください。
    (インターネット、電源は会場で用意します)

■内 容:インストール直後のNetCommons3 を使用して、システム管理者として実際にサイトを構築します。
     NetCommons3 の基本操作について、学んでいただきます。
     9/1 は本の活用例から、「学校のホームページ(高等学校、私立の学校、大学)」を作成します。

■申込方法:以下のページから申し込みしてください。
      https://opensource-workshop.jp/course

■後 援:NPO法人コモンズネット
     https://www.commonsnet.org/


0

いよいよ!NetCommons3 の公式マニュアル本が発売されます。

全国津々浦々のNetCommons ファンの皆様
これからNetCommons3 を触ってみようかなとご検討の皆様
NetCommons2 をお使いで、NetCommons3 の機能を知りたいなと思っている皆様
NetCommons3 の本はまだ!?とお待ちいただいていた皆様

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

いよいよ!NetCommons3 の公式マニュアル本が発売されます。

書名は『NetCommons3 - クラウド活用で安全・簡単に本格ウェブサイト』となります。

12個の活用例を紹介し、それぞれ具体的にプラグインの配置方法などを説明する内容になっています。

発売は2018年8月21日(火)、NetCommonsユーザーカンファレンスで発売されます。
たぶん、これが最初じゃないかな。

NetCommonsユーザーカンファレンス2018
https://www.netcommons.org/userconference

書店などでも購入は可能ですが、NetCommonsユーザーカンファレンスでは、本の中の活用例を実際にデモし、セミナー形式で説明する予定です。
また、質問なども受け付けます。

NetCommons3クラウド活用で安全・簡単に本格ウェブサイト

もっともっと、NetCommons3 を便利に使いやすくしていきますね。(^^)

1

NetCommonsユーザカンファレンス2018 開催のお知らせ

【NetCommonsユーザカンファレンス2018 開催のお知らせ】

 平成13年度から国立情報学研究所が開発・研究を行って参りましたNetCommonsの利用者大会を本年も開催いたします。
 企業や学校などのWebサイト、情報共有サイトを構築できるオープンソースCMS、NetCommons3の導入が進み始めました。本年度のNetCommonsユーザカンファレンスでは、『なぜNetCommons3なのか?』を情報セキュリティの維持管理方法、働き方改革にもつながるスマートフォン対応及び運営業務の負荷軽減という観点から明らかにしていきます。
 また、NetCommons3ビジネスへの参入方法についても説明します。


テーマ:なぜNetCommons3なのか?
~クラウドよる情報セキュリティ確保、スマートフォン対応の利便性と業務効率化~


日 時:2018年8月21日(火)午前10時~午後6時
主 催:国立情報学研究所
後 援:特定非営利活動法人コモンズネット
会 場:一橋講堂ほか(学術総合センタービル内)
     http://www.nii.ac.jp/about/access/
     東京都千代田区一ツ橋2-1-2    
参加費:無料

プログラム(※プログラムは変更になる場合があります)

◎メインセッション<10:00〜12:10>
【一橋講堂】
10:00〜10:05  開会式
10:05〜10:30 「なぜNetCommons3なのか?」
        国立情報学研究所 社会共有知研究センター長  新井 紀子
10:30〜10:50 「最新のデータで解説!安全で手間のかからないWebとは」
        PHP技術者認定機構 理事長 吉政 忠志氏
10:50〜11:10 「福島県におけるNetCommons活用の歴史と有効性」
        福島県教育センター 研究・研修部 情報教育チーム 主任実習講師 目黒 朋子氏
11:10〜11:50 「福島県におけるNetCommons3のいま」
        福島県教育庁教育総務課 管理主事 渡辺 義和氏
        福島県いわき市立高久小学校長 関 忠昭氏
        福島県いわき市立大野第二小学校長 千葉 英一氏
11:50〜12:10 「埼玉県養護教諭会HP作成委員会の取組~時間と心のゆとりの産生 ~」
        埼玉県養護教諭会HP作成委員会
         担当副会長 樫村 亜也氏(熊谷市立妻沼西中学校)
         委員長   岡田 将子氏(埼玉大学教育学部附属特別支援学校)
         委 員   楯 亜澄氏(さいたま市立原山小学校)
         委 員   菊地 円氏(和光市立大和中学校)

◎セミナー&企業展示<13:00〜18:00>

【中会議室】(2階)
11:30〜16:30  NetCommonsショーケース(企業展示)
13:00〜16:30  以下のセミナー内容を企画中
1)NetCommons3操作デモ(サイト構築実演)
2)NetCommons3デザインカスタマイズ(テーマ作成)
3)NetCommons3ビジネス参入方法(サイト制作・デザイン制作)
16:40〜17:40 「NetCommons3なんでもQ&A 開発から運用まで」
17:40〜18:00 クロージングセッション

◎情報交換会<18:30〜20:00>
【3階食堂】会費:3,000円
※情報交換会の会費のお支払いは、午前9半〜10時まで受付ブース、
 午後12時半から2階中会議室コモンズネットブースで受け付けます。

◎参加申込
NetCommons公式サイトからお申込みください。
https://www.netcommons.org/userconference

◎お問い合わせ
 国立情報学研究所 NetCommonsユーザカンファレンス事務局
 メールアドレス:userconf@netcommons.org


0

2018年11月7日(水)~9日(金)インテックス大阪で開催の第2回 関西 教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 に出展いたします。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

2018年11月7日(水)~2018年11月9日(金)にインテックス大阪で開催される、関西 教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 に出展いたします。

公立校の学校ホームページについて、低価格で効果的なサービスを提案できるように準備しています。

スマートフォンに完全に対応したNetCommons3 を使ったホームページで保護者への情報提供をスムーズにして、尚且つ、教員の負荷を軽減する方法をご提案します。

以上、詳細メニューができたら、また報告いたします。

追記 2018-09-17 ブース番号と位置を以下に示します。

0

京阪奈三教育大学連携推進事業ページ デザインリニューアルの事例公表

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

当社事例に、「京阪奈三教育大学連携推進事業ページ デザインリニューアル」を掲載させていただきました。

既存のNetCommons2 のデザインリニューアルということで、きれいなサイトを作らせていただき、とてもうれしく思っております。(^^)

以上、報告にて失礼いたします。

0

教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 東京、ありがとうございました。

株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 東京、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
色々な話を聞かせていただき、学びも多く、楽しい3日間でした。

当社のパンフレット、サービスチラシ、レスキューコールのマグネットを1,000部、用意させていただき、ちょうど、配布完了です。
当社ブースを飛び出したレスキューコールのマグネットたち、日本のあちこちの、大学研究室とか、学校のホワイトボードでお役に立ってね!!!(笑)

次は2018年11月7日(水)~2018年11月9日(金)にインテックス大阪で開催される、関西 教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 に出展いたします。
http://www.edix-expo.jp/

今回いただいた、多くの声を実現して、さらにパワーアップしたサービスを紹介できるよう、がんばりまーす。(^^)

マグネット配布中


ブース


謎のNetCommons3マン

0