ニュースリリース

ニュース

教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 出展します。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

今年も、教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018 に出展します。
今年は、NetCommons3 の導入事例やNetCommons2 からの大規模移行事例などを紹介します。
NetCommons3 の導入やNetCommons2 からの移行について、検討を始めようかなとお考えの教育委員会様、教育センター様にお立ち寄りいただければ幸いです。

会期は2018年5月16日(水)~2018年5月18日(金)
場所は東京ビックサイトです。
永原はこの3日間は、基本的にブースにいる予定です。
お気軽にお声がけいただければ嬉しく思います。

ブースの位置は以下の場所です。

0

福島県教育委員会様 約600校のNetCommons3 への移行

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

福島県の学校ホームページ、600校以上をNetCommons2 からNetCommons3 へ移行させていただきました。
大規模なNetCommons3 構築、移行事例としては、初めての事例紹介になるでしょうか。

移行プラグインをフル活用(修正もいろいろと行い、Githubを通して修正したプログラムもコアに戻しています)、人の目でもチェック(約6,000ページを1回は人の目でチェック)、デザインテーマも追加など、NetCommons3 への移行に必要な技術、移行ノウハウなど、短期間でこれでもか!というくらい、詰め込まれた感じです(笑)

これから、機能改善や速度向上、運用サポート、負担の軽減策など、我々ができること、やらなければいけないことはたくさんありますので、引き続き、学校様の情報公開や情報共有業務に尽力させていただきたいと思っております。

以下、当社の事例紹介ページです。
https://opensource-workshop.jp/works/fcs/

具体的な内容などでお問い合わせがある場合は、当社のお問合せまでお願いいたします。
https://opensource-workshop.jp/contact

以上

0

NetCommonsレスキューサービスをメニュー化しました。

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

いまさら改めて言うのか、的な感じもありますが(笑)

当社にて、NetCommonsレスキューコール・サービスをメニューに載せました。
https://opensource-workshop.jp/rescue

電話やメールで、多くのご相談をいただくのですが、ここで相談して良いですか?と消極的な感じでお問合せされる方も多くいらっしゃいます。
そのため、安心してお問合せしていただくため、ちゃんとご相談を受け付けていますよ。ということを明確にしようと思い、メニューに載せました。

NetCommonsでお困りの際は、遠慮なくお電話やメールをいただければと思います。

以上、よろしくお願いいたします。

0

年末年始について

こんにちわ。

株式会社オープンソース・ワークショップの牧野です。

 

弊社年末年始についてご連絡致します。

電話対応につきましては12月29日(金)~1月3日(水)を除いてご対応させていただきます。

緊急時につきましては、担当者に直接、電話またはメールにてご連絡ください。

 

以上、よろしくお願い致します。

0

中学校、高等学校のコンピュータクラブ活動に参加

こんにちは。
株式会社オープンソース・ワークショップの永原です。

最近、中学校、高等学校のクラブ活動の主に運営について、多くの問題があることが、報道などで周知されてきたのではないかと思います。

当社では、この問題を解決する一つの方法として、クラブ活動に外部講師として参加することで、どのような貢献が可能かを探ってきました。

実際には、2017年9月から神奈川県横浜市旭区にある私立の学校、星槎中学校と星槎高等学校にてコンピュータクラブ活動の外部講師をさせていただいています。
そこでの目的は、生徒の学びを伸ばしつつ、教職員の負担の軽減、コンピュータ業界の抱える人材不足、技術者不足の問題、日本全体が抱えるIT に対する知識、応用力の底上げなどの問題に対して、何か答えが出せないかと活動しているところです。

本来なら、2018年3月の区切りをもって、状況を整理し論文にしたのち、公開する予定でしたが、報道などを見ていると、そういう悠長な状況ではなくなってきているのではないかと感じています。

そこで、ここまでの活動について、まとめたものを公開いたします。

学校関係者様などと協議して、この内容が社会貢献できるものならば、活動や資料の共有についても話し合いたいと思いますので、ご興味を持たれた学校様や自治体様がいらっしゃれば、連絡をいただければ幸いです。

中学校・高等学校でのコンピュータクラブ補助活動について.pdf

 

0