良くあるお問い合わせ

同じドメインを使って、サーバを切り替える際には、基本的に、送受信できない期間はありません。

下の図で説明します。

  • 同じドメインを使用する場合を想定しています。
  • 旧メールサーバと新メールサーバの両方が稼働している必要があります。
  • DNS という、インターネットのアドレス帳のドメインから、メールサーバに関するIPアドレスを書き換えます。
  • 見るメールサーバが現行から新になるだけですので、メールサーバが止まる期間はありません。
  • ただし、以下の注意点があります。


【注意点】

  • DNSのキャッシュなどの問題で、すべての送受信者が瞬時に新サーバにアクセスできるわけではありません。
  • 理論的には、閲覧者によって最大48時間ほど遅れることがありますが、当社の経験上は1時間以内で切り替わることがほとんどです。
  • メールクライアントには、現行と新の両方のメール設定をしておくことが必要になります。
  • 現行のメールサーバの解約は、DNS切り替えが完了してからになります。
  • 現行のメールサーバを解約する場合はメールクライアントからも設定を削除する必要があります。
サポート
公開日時:2020年8月3日 14時29分

同じドメインを使って、サーバを切り替える際には、基本的に、閲覧できない期間はありません。

下の図で説明します。

  • 同じドメインを使用する場合を想定しています。
  • 現行サーバと新サーバの両方が稼働している必要があります。
  • DNS という、インターネットのアドレス帳のドメインに対するIPアドレスを書き換えます。
  • 見るサーバが現行から新になるだけですので、閲覧できない期間はありません。
  • ただし、以下の注意点があります。


【注意点】

  • 閲覧できない期間はありませんが、データ移行作業中など、更新を止めていただきたい期間は発生します。
  • DNSのキャッシュなどの問題で、すべての閲覧者に瞬時に反映されるわけではありません。
  • 理論的には、閲覧者によって最大48時間ほど遅れることがありますが、当社の経験上は1時間以内で切り替わることがほとんどです。
サポート
公開日時:2020年8月3日 13時03分

現在(2020-07-13)、一部のみ、移行が可能です。

例えば、ページやNetCommons2 の「お知らせモジュール」の内容などは、移行できます。

当社のこのWebサイトも、もともとNetCommons3 で作成していたものをConnect-CMSに移行したものです。

ただし、現在はNetCommons2 からの移行システムの開発を優先しておりますので、ご要望などがあるようでしたら、お問い合わせいただけますようお願いいたします。

他CMSからの移行
公開日時:2020年7月13日 18時50分

現在(2020-07-13)、NetCommons2からConnect-CMS への移行システムを開発中です。

Connect-CMS側に、まだNetCommons2 と同じ機能のプラグインがないものもあり、まずはConnect-CMS側にプラグインが存在するものを優先して移行システムを開発中です。

順次、Connect-CMSにも機能を追加し、移行システムも拡充していく予定です。

また、要望の多いものから移行システムを開発していることもありますので、具体的な移行を相談したい。ということでしたら、お問い合わせいただけますようお願いいたします。

他CMSからの移行
公開日時:2020年7月13日 18時45分

はい。自治体のデータセンターや大学内のサーバでも、保守・サポート契約をお引き受けしております。

ただし、保守・サポートのためにサーバに接続する必要がありますので、VPNなどでリモート接続できるようにお願いしております。

費用は必要な保守・サポート内容によっても変わりますので、お問い合わせいただけますようお願いいたします。

サーバ
公開日時:2020年7月13日 18時32分

【概要】
当社では、お客様のサポートや打ち合わせでオンライン会議を使用しています。
当社で用意しているオンライン会議はZoom(ズーム)というサービスを使用します。
パソコン、タブレット、スマートフォンで参加が可能です。

画面で打合せ資料を共有して、会議を行います。
資料が見やすい大きさということで、できればパソコンが良いですが、タブレットでも閲覧などは問題なくできます。
スマートフォンでも参加できますが、資料などが小さくなるので、その点、ご了承ください。
また、スマートフォンで参加される場合は、WIFI に接続してご参加いただくことをお勧めします。
(リアルタイムの動画と音声なので、通信量は大きくなります)

【参加方法】
Zoom での会議の際は、当社より参加のためのURL とパスワードをお送りいたします。

以下、お送りするメールの例
--- Zoom ミーティング

日時:xx月xx日(水)14:00 から

Zoomミーティングに参加する
https://xxxxweb.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx

ミーティングID: 123 4567 8901
パスワード: 123456

【準備】

  1. 参加するPCやタブレット、スマートフォンの準備
  2. カメラとマイク、スピーカーがついているかの確認
    カメラはなくても参加できますが、顔を見ての会議の方が、会議内容の共有はうまくいくと考えています。
    事前に確認しておかないと、当日、あれ?マイクやスピーカーがない。。となるケースもあります。
  3. Zoom ソフトウェアのインストール
    最初にZoom を使う機器の場合、以下のテストサイトにアクセスすることで、Zoom ソフトウェアのインストールも始められます。
    また、カメラとマイク、スピーカーのテストもできます。

    --- テスト用のURL
    https://zoom.us/test

準備は以上です。

【オンライン会議のコツ】

  • 話すときは声を張りぎみにする。(特に、1台のPCで、会議室で複数人が参加する場合など)
  • ネットの向こうの参加者に常に気を使うようにすると、ネット側の参加者の満足度が上がります。
  • マイクが別途あると、複数人が参加する場合の会議室では、参加者の声を拾いやすいです。
  • 会議室では、プロジェクタに映しながらやると、皆が参加している雰囲気になります。
  • 会議室では、カメラも、できればWebカメラをUSBで付けておくと、会議室は皆を映せます。
  • 会議室で複数のPC がZoom に参加するときは、スピーカーは1人だけONで、後はOFFにしないとハウリングします。
  • 画面共有で、レジメや資料を見せることができるのは便利です。

【その他の注意点】

  • 会議の議長がレジメをもとに会議を引っ張るやり方が良いと思います。
  • リアルに集まるより、顔が近いです(笑)。

以上

サポート
公開日時:2020年6月18日 09時06分

株式会社オープンソース・ワークショップ
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目8番4号 オックスフォードビル2F
TEL:03-5534-8088 FAX:03-5534-8188
email:info@opensource-workshop.jp
© 2010 OpenSource-WorkShop Co.,Ltd.