NetCommons2 からConnect-CMS への引っ越しサービス

※ 2020年8月現在、NetCommons2のすべての機能をConnect-CMSで用意できたわけではありません。
※ 不足分は順次開発中です。
※ 使用している機能によっては、移行も可能なため、サービスメニューを公開いたしました。

NetCommons2 からデータが移行できます。

  • ページやブログなどのデータを移行することができます。
  • ページの階層やお問い合わせフォームの設定などもそのまま移行できるため、ページを作り直す手間などがかかりません。
  • 写真などの画像やアップロードしたPDFなども、そのまま移行できます。

ID 、パスワードが引き継がれます。

  • NetCommons2のログイン ID 、パスワードが引き継がれます。
  • これは運用の継続では大切な問題です。
    Webサイトのサポートでは、「ログイン問題」と呼んでいるのですが、ログインに係るサポートが一番多く、当社のサポート履歴では 13%がログイン関係です(2020年08月時点)システム変更直後では、約 40%のトラブルサポートがログイン関係だったということもあります。
  • また、パスワードは同じものを使用することができますが、内部的には新方式で暗号化されますので、セキュリティは高まります。

レイアウトの自動スマートフォン対応

  • Connect-CMSに移行することで、自動でスマートフォン対応になります。
  • 学校ホームページでは、スマートフォン対応は年々重要になってきています。
  • 以下、2020年8月の公立校のアクセス解析の例です。
    • 小学校
      • スマートフォン(63.87%)
      • パソコン(32.87%)
      • タブレット(3.26%)
    • 中学校
      • スマートフォン(59.08%)
      • パソコン(36.63%)
      • タブレット(4.29%)
    • 高等学校
      • スマートフォン(77.46%)
      • パソコン(18.95%)
      • タブレット(3.59%)

記事の自動スマートフォン対応

  • スマートフォン対応のシステムにデータを移すだけでは、実際にスマートフォンで見た際、きれいに見えないことが良くあります。
  • 上はGoole Mapの埋め込み例です。
  • 画面幅に合わせて、自動的に大きさが変わるようになるには、記事を変更しなければいけません。
  • Connect-CMSの移行プログラムは、可能な限り、コンテンツ内もスマートフォン対応に自動変換します。

NetCommons2と親和性の良い操作感

  • ページにプラグインを追加するブロック形式で、やりたいことが同じ操作感でできます。
  • また、NetCommons2で多かった、ヘッダーに機能を追加してしまう間違いに対しても、なぜ間違いが発生しやすいか、間違えたユーザに話を聞くなどした結果を分析し、原因を取り除く改良を行っています。
  • Connect-CMSは、コミュニティなどでユーザの声を集めて、間違いなどを分析して、改良を進めることを強く意識したCMSです。

学校向けの新機能(教材ページ)

  • 保護者や生徒向けにパスワード付きページを作ることができます。
  • ログインIDを必要とせず、「パスワード」のみで制限できます。
  • プリントや一斉連絡メールなどでパスワードを伝えて使用することを想定しています。
  • パスワード付きページには、動画での補助教材や課題PDFなどをアップロードしておくことを想定したものになっています。

スクールカラーの表現

  • ホームページはスクールカラーを基調にしたい。
  • 「普通」の要求ですが、今までのCMSでは、細かな色の指定はできない、もしくはカスタマイズが必要。などということが多くありました。
  • Connect-CMSでは、学校ごとにスクールカラーを表現できるように、初めから24色のカラーパターンを選択でき、さらにRGBで指定することも可能で、スクールカラーをしっかり表現することができるようになりました。

株式会社オープンソース・ワークショップ
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目8番4号 オックスフォードビル2F
TEL:03-5534-8088 FAX:03-5534-8188
email:info@opensource-workshop.jp
© 2010 OpenSource-WorkShop Co.,Ltd.