公立学校園向けホームページサービス - サービス内容

学校ホームページの構築及びサーバやシステムの運用を行うクラウド・サービスです。
サーバ管理や煩雑なホームページに関するお問合せの対応まで、学校ホームページをスムーズに運営するための便利なサービスです。

サービス内容

  • 国公立の保育園、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校向けのホームページサービスです。
  • 多くの学校園に安全にホームページを一斉導入する。自治体としての統一性を保ちながら、学校園毎にデザインを選ぶことができるなど、公立学校園の課題をひとつずつ解決してきた結果、生まれたサービスです。
  • サーバを含めたCMS提供、講習、電話やメールでのお問い合わせなど、ホームページ運用に必要なサービスが全て含まれています。
  • 以下に当サービスに含まれる便利な機能を紹介します。

※ サーバは当社のクラウドサービスをお使いいただくことも、県などのデータセンターにサーバを用意していただき、リモートで保守サポートすることも可能です。

スマートフォン対応

学校ホームページの閲覧環境は、年々スマートフォンでの閲覧が伸びています。
保護者や関係者に学校からの情報を伝えるためには、スマートフォン対応は必須になっています。

以下、2020年8月の公立校のアクセス解析の例です。

小学校
機器の種別 割合
スマートフォン 63.87%
パソコン 32.87%
タブレット 3.26%
中学校
機器の種別 割合
スマートフォン 59.08%
パソコン 36.63%
タブレット 4.29%
高等学校
機器の種別 割合
スマートフォン 77.46%
パソコン 18.95%
タブレット 3.59%

Connect-CMS は、レスポンシブ・ウェブデザインという技術を採用しており、ホームページは自動的に閲覧者が使用しているスマートフォンやタブレットに最適化された形で表示されます。

充実したサポート

当社で提供しているサポートの受付窓口は、メール、電話、FAX があります。
また、ご要望があれば日程を調整してZoom でのオンラインのサポートも行います。
担当の先生によって欲しいサポートの形は異なると考えているため、上記のように複数のサポート窓口を設けております。

ソフトウェア開発会社が直接サポートするからこそ、現場に必要なサポートを実現できます。

ワードのように直観的に書きやすく

ホームページに記事を書く際は、ワードのような感じで、直観的に。

文章はもちろんのこと、表の装飾や文章の一部に「注意ポイント」を入れたり、リンクに「PDFアイコン」をつけたりなども、マウスのみで操作可能。

閲覧する保護者や学校関係者にわかりやすく、記事を書く教員の負担をできる限り減らす。
Connect-CMS がこだわっている部分です。

表の装飾

文章の強調、リンクへアイコン付与

メニューの統一性と自由度

学校ごとのメニューが、あまりにバラバラだと、各校で同じコンテンツを配置したいときに、うまく確認できなくて困ります。
また、メニューに自由度がないのも、自分の学校として発信したいことを伝えられないという問題が発生します。

Connect-CMS を公立校のホームページに導入する場合、基本となるメニューは自治体で揃えたものを作成し、各校ごとに、不要なものは消し、独自のものは追加する。という運用がよくあります。

これがやりやすいのも、Connect-CMS の特徴です。

メニューの例

動画の埋め込み

動画を埋め込むことができます。
このあと説明する、パスワード付きページに動画を埋め込んで、関係者のみ閲覧できる動画ページも作成できます。

動画は、「Youtubeにアップロードした公開動画を埋め込む」「Youtubeにアップロードした限定動画を埋め込む」「Vimeoにアップロードしたものを埋め込む」「Connect-CMSのサイトに直接アップロードする」という方式が使えますので、用途に合わせて選んでいただけます。

パスワード付ページ

学校での保護者向けに案内を配りたいときなど、一人ずつユーザーIDを作るのが現実的でない時に便利です。
プリントにURLとパスワードを書いて配布するといった運用を想定しています。

また、パスワード付きページにブログを配置したり、動画を配置することで、パスワード付きブログやパスワード付き授業動画ページを作ることができます。

欠席連絡をWebで受け付ける

朝の登校時間にお休み連絡の電話。
特に電話が重なるといろいろ混乱しますよね。

Connect-CMS のフォーム機能を使えば、保護者からのお休み連絡をホームページで受け取っておくことが可能です。
登録された内容は、指定したメールアドレスに転送可能。保護者自身にもCC でメールが送られるので、お互いに誤解のない連絡のやり取りができます。

フォームの項目は設定画面で自由自在に増減可能。必須にする項目や選択項目の選択肢も自由に設定できます。

連絡フォームの例

連絡フォームの設定例

スクールカラーの表現・デザイン

ホームページはスクールカラーを基調にしたい。

「当然」の要求ですが、今までのCMSでは、細かな色の指定はできない、もしくはカスタマイズが必要。などということが多くありました。
Connect-CMSでは、学校ごとにスクールカラーを表現できるように、初めから25色のカラーパターンを選択でき、さらにRGBで指定することも可能で、スクールカラーをしっかり表現することができるようになりました。

自治体で統一したオリジナルデザインを作ることも可能です。

仕様・料金

公立学校園向けホームページサービスの仕様や料金は以下の料金・仕様ページを参照してください。

Connect-CMS クラウド サービス料金(国公立学校向け)仕様・料金ページ

https://opensource-workshop.jp/service/price/public-edu-school

見積依頼

お見積もり、ご注文方法を以下のページで説明しています。

見積依頼へ