八千代松陰学園様 緊急連絡網&クラブ活動情報サイト

 学校から保護者へ緊急時の情報を配信する緊急連絡網の導入が進んでいますが、東京近郊では指折りのマンモス校、八千代松陰学園様が選んだのは株式会社オープンソース・ワークショップがサービス提供する「学校向け緊急連絡網&ホームページ」でした。

八千代松陰サイトへのリンク

八千代松陰学園様の紹介

「さわやかな印象」「はつらつとした行動」「ひたむきな姿勢」をスクールカラーとされている学校様です。

千葉県にある有名な人気私立学校様です。

導入計画

最終的には保護者と生徒、両方に情報配信することを目標にして、緊急連絡網の導入計画は始まりました。

まず、緊急連絡網にありがちな、「普段はほとんど使わないため、いざ使いたいときに使い方がわからない」という問題を解決する必要がありました。

八千代松陰学園様では、この問題を解決するため、緊急連絡網として使用するだけではなく、クラブ活動の発表の場としてもサイトを活用することを計画されました。
クラブ活動の報告やお知らせで普段から記事を追加することで、サイトの使い方を忘れないようにし、緊急連絡の際にもスムーズに活用できるようにという狙いです。

クラブ活動にも注力されている、八千代松陰学園様の強みをうまく活かされた使い方です。

その結果、緊急連絡網だけではなく、学校生活のポータルとして、生徒や保護者も利用するサイトへ発展しています。

緊急連絡網

緊急連絡網としての活用では、台風や大雨で警報が発表された際などに、休校や始業時間を遅らせるなどの措置を伝達できています。
八千代松陰学園様では、システムにログインするためのID・パスワードは学校で作成しておき、それをプリント配布。保護者はログイン後、自分のメールアドレスを登録するという方法を取っています。
この方法で、現在は約1000人がメールアドレスを登録して使用していただいています。

保護者としては、自分の携帯のメールアドレスを登録することで、携帯にメールが届けば見逃しにくくなるので、学校からの情報を受け取りやすくなります。

また、この緊急連絡網サイトの特徴の一つとして、メールだけでなく、ログインしての情報の確認も可能な点があります。
緊急連絡としての連絡は、公開することも、ログインしたユーザでだけに見せることも可能になっており、学校の運用に合わせた設定が可能です。

学校生活のポータルとして、生徒や保護者も利用

緊急連絡網だけではなく、学校生活のポータルとして、生徒や保護者も利用を始めています。
補修の申し込みや選択科目の調査など、生徒・保護者から返答を求めるものから、 フォトアルバムやPDF配布物など、連絡ツールとしても活用していただいています。
以下の画面はログインユーザのみが参照できるポータルサイトとして構築されている部分です。

【フォトアルバム】

【PDF配布】

【動画による行事紹介(卒業記念行事)】

アクセス実績

クラブ活動関連の記事が月に30~50件、追加されており、情報発信が非常に活発に行われています。
運用のコツは、教員にIDを発行し、多くの教員で分担して記事を記入することで、多くの記事がある、情報発信が活発なサイトになっています。

写真やPDF ファイルを含んだ記事は学校やクラブ活動の様子がよくわかる、見やすいサイトになっています。
写真が多いと、見る方は楽しく見ることができ、記載する方は文章を考える手間が軽減されるので、双方にメリットがありますよね。

ページビューは多いときで、大会などがあると、1日に3万ページビューを超えるアクセスもあります。

学校毎の分け方

八千代松陰学園様では、高等学校と中学校がありますので、それぞれでサービスを契約してお使いいただいています。

注意点

メールの送信には、ある程度の時間がかかります。
選んでいただくサーバのスペックにもよりますが、1000人にメールを送信すると30分ほどかかることもあります。

サービス紹介

学校向け緊急連絡網&ニュースサイトの紹介は以下を参照してください。
https://opensource-workshop.jp/service/private-school-web

八千代松陰中学校様では、入学試験の合否発表で弊社の「合否発表モジュール」を使用していただいています。
「合否発表モジュール」は当サービスのオプションとして設置可能です。

NetCommonsユーザカンファレンス ポスターセッション

2016年8月23日のNetCommonsユーザカンファレンスにて、ポスターセッションに出展いただいた際のポスターです。
サムネイルもしくは下のリンクをクリックするとPDF を参照できます。

八千代松陰学園様ポスターセッション2016_A4.pdf